プログラミングを習得して良かったこと

プログラミングと聞くとどのようなイメージを持たれますか。

専門学校でプログラミング学んだり、パソコンが得意な人がつく職業で一般の人には縁がない職業という考えが思い浮かぶかもしれません。

私自身がそのようなイメージを持っていました。

私自身、「IT」という単語は最近見聞きするようになって、プログラミングに関心がありましたが、あるきっかけでプログラミングの仕事につくことができました。

最初は何も分からず、出来ることも限られていた状態でしたが次第に上達を実感出来るようになりました。

粘り強くプログラミングを学び続ければ誰でも習得できるということが分かりました。

ですから、関心があれば専門の本を購入したり、ネットの情報を検索して手をつけてみることをお勧めいたします。

それでも不安という方は『プログラミング教室大阪』などといった言葉で検索すれば、プログラミングスクールを見つけることができますよ。ただお金はかかってきますが、しっかりと学ぶことができます。

プログラミングを学ぶのに最初は「お問い合わせフォーム」から始めてみると良いかもしれません。

「お問い合わせフォーム」とネットで検索するとプログラムの内容が表示されますので、それを実際に自分のパソコンで打ち込んで動かしてみるとプログラミングをしているという実感が持てます。

私はプログラミングの仕事をしていて、良かったと思えることはクライアントからの依頼に対して、その機能を実際に実装できることです。

しかもそのプログラミングしたサイトが世界中の人に閲覧されて、役立っていると感じるととても嬉しくなります。

次第にもっとこのような機能を追加したい、とか、このようにしたらサイトを使いやすくなるということを考えることができるようになるので、クライアントと有意義な商談を行い、お互いが満足するプログラムを組むことができます。

一人ではなくチーム全体として一つのものを作り上げていく感覚がとても楽しいです。

確かに、プログラミングがうまくいかないこともありますが、悩みながらプログラムを組んで、出来上がった時の喜びは格別です。

しかもそのようにして考え抜いたプログラムは今後の糧にもなりますので自分の技術力アップに繋がります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください