2018年 10月 の投稿一覧

プログラミングの練習中です。

今日は、休みなので近くのマクドナルドでプログラミングを勉強しています。

まだまだ、覚えたプログラミング言語はたくさんあるので日々勉強をしています。

 

やはり以前は、独学で学んでいたこともあって、モチベーションが続かずに挫折したことは何度もありましたが、プログラミング教室で学んでからはいい感じで継続的に勉強をすることができています。

今は、HTMLとCSSやJavaScriptなどは習得できたので今注目されている言語pythonを勉強しようかと思っています。pythonは人工知能を学ぶのに基礎的なプログラミングですからぜひ習得できればと思います。pythonができるようになれば、今後くるであろう人工知能のエンジニア不足、その波にのって安定して仕事が続けられるのではないかと思ったからです。

今はまだpythonの基礎からやっていますが、いつかは人工知能を使ったサービスを自身で作成することができればと思います。

私が目標とする働き方『自由な働き方』を目指して勉強を頑張りたいとも思います。

プログラミングを習得して良かったこと

プログラミングと聞くとどのようなイメージを持たれますか。

専門学校でプログラミング学んだり、パソコンが得意な人がつく職業で一般の人には縁がない職業という考えが思い浮かぶかもしれません。

私自身がそのようなイメージを持っていました。

私自身、「IT」という単語は最近見聞きするようになって、プログラミングに関心がありましたが、あるきっかけでプログラミングの仕事につくことができました。

最初は何も分からず、出来ることも限られていた状態でしたが次第に上達を実感出来るようになりました。

粘り強くプログラミングを学び続ければ誰でも習得できるということが分かりました。

ですから、関心があれば専門の本を購入したり、ネットの情報を検索して手をつけてみることをお勧めいたします。

それでも不安という方は『プログラミング教室大阪』などといった言葉で検索すれば、プログラミングスクールを見つけることができますよ。ただお金はかかってきますが、しっかりと学ぶことができます。

プログラミングを学ぶのに最初は「お問い合わせフォーム」から始めてみると良いかもしれません。

「お問い合わせフォーム」とネットで検索するとプログラムの内容が表示されますので、それを実際に自分のパソコンで打ち込んで動かしてみるとプログラミングをしているという実感が持てます。

私はプログラミングの仕事をしていて、良かったと思えることはクライアントからの依頼に対して、その機能を実際に実装できることです。

しかもそのプログラミングしたサイトが世界中の人に閲覧されて、役立っていると感じるととても嬉しくなります。

次第にもっとこのような機能を追加したい、とか、このようにしたらサイトを使いやすくなるということを考えることができるようになるので、クライアントと有意義な商談を行い、お互いが満足するプログラムを組むことができます。

一人ではなくチーム全体として一つのものを作り上げていく感覚がとても楽しいです。

確かに、プログラミングがうまくいかないこともありますが、悩みながらプログラムを組んで、出来上がった時の喜びは格別です。

しかもそのようにして考え抜いたプログラムは今後の糧にもなりますので自分の技術力アップに繋がります。

数年前にやった坐骨神経痛の痛み

先日、友人と仕事の話をしているときにちょうど友人が腰痛になったという話をしていました。

その話をしているときに数年前にやった自信の体験を思い出して二度とそんな思いはしたくないなと改めて思いました。以前、介護の仕事をしていたのですがその時の体験です。

介護の現場では腰が痛くなるっているのは日常茶飯事で、ちょうど数年前に腰が痛くなった嫌な思い出を思い出しました。

介護とは、その仕事のほとんどが力作業で体力勝負のようなものでして、中腰で利用者を抱えて移乗させたりと足腰にとても負担を掛ける仕事です。

この仕事をしている人の持病でヘルニアや腰痛は当たり前なのですが、私の場合は少し違いました。

なんと、右のお尻が痛いのです!はじめはなんでお尻が痛いのだろう?くらいのものでしたが、日が経つごとに痛みや箇所に変化が訪れ、お尻からお尻と太腿の間がとても痛むようになりました。

歩いている時やふとした瞬間に襲う激しい痛み…特に驚いたのが、私は悪い箇所が一番痛くなるのは仕事でその箇所を使っている時だろうと思っていましたが、仰向けに寝て少しお尻をずらそうとした時に今までとは比べ物にならないくらいの痛みが襲って、しばらく動けなくなりました。

 

日常動作の少しの動きで物凄い痛みが襲って来るのが坐骨神経痛の恐ろしい所でもあります。

休みの日は湿布を貼り動かず過ごし、やっと少し治ったと思ったらまたいきなり痛くなり、それを繰り返していました。

なかなか良くならない坐骨神経痛に怒り、不安を募らせながら解決方法も見つからないまま過ごしていました。

車を運転しているときにも痛みは容赦なく襲って来て、もし事故になったらどうしよう…と、とても怖かったのを今でも覚えています。

整骨院にも通いましたが、あまり効果なく…個人差があるようですが、同じく坐骨神経痛で整骨院に通っていた同僚達も効果を実感できた人はいなかったです。

休みの日に1日動かず、ベッドの上でうつ伏せで安静に過ごす。仕事ではなるべく負担の掛からないよう、ボディメカニクスをフル活用し、なんとか2週間程で痛みは引きました。が、結局完治することは難しく、今も私の身体に潜んでいます。

また何かキッカケができるとすぐに現れ、私達を苦しめます。坐骨神経痛がやってこないためにも、日頃から予防のためのストレッチや、歩き方を改善する等、身体に負担の掛からない生活をしていかなければなりません。

心配です!改善されない愛犬の便秘

最近の悩みです。

うちには5歳のチワワがいます。犬の便秘に気づいたのは、友人と話している時にそれは便秘だと思うと指摘されたからです。友人の犬は1日に1~2回はうんちをすると言う話を聞いて驚きました。うちの犬は2~3日に1回ぐらいのうんちをすると話すと、友人が逆に驚いていました。

犬を飼うのは初めてです。

犬について全然詳しくないのですが、犬に詳しい友人から毎日うんちが出ないのなら便秘だよと言われて、初めてうちの犬が便秘であることを知ったんです。特に具合いが悪そうな感じではなかったの気にしていなかったのですが、うんちをよく観察してみるとサイコロみたいな硬いうんちなんです。人間でもこのような形だったら便秘を疑いますよね。飼い主として全然犬の事を考えていなかったとショックでしたね。

お腹を触ってみると硬い感じがします。他の犬を飼ったことがないので比べることはできないのですが、便秘をしていなければもっとお腹は柔らかいのではないかなと思いました。食欲もないようです。以前はもっとパクパクとドッグフードを食べていたのですが、食いつきが悪くなりました。仕事が忙しくて散歩に連れて行くことが減っていたので、運動不足が原因で便秘になってしまったのかなと思い毎日散歩に連れて行ってみたり、水分不足かなと思ったのでこまめに水とりかえています。

新鮮な水だったらたくさん飲むだろうかと考えました。

今は1日1回うんちが出る日もあれば、やはり2~3日でないこともあり便秘が改善したとは言えず不安です。引越しをしたのですがその頃から便秘をするようになったのかもしれないとも思っています。

友人に聞くと環境の変化で便秘をすることもあると知りました。

引越しがストレスになって便秘をするようになったのでしょうか。

とにかく注意深く排便回数や犬の健康状態を見守るようにしていますが、なんとか毎日スッキリできるようにしてあげたいと気になっています。

何度かドッグフードを変えてみたのですが、相変わらず食欲があまりないようなんですよね。